2006年2月3日金曜日

寒かったー!

今日仕事帰り、従姉妹と一緒に食事に行った。

広島駅まで歩こうということになったけど、あまりの寒さに、途中にあるファミレスの○イホに入った。
雪も降っていたし・・・・。

暖かい食事をしながら、ドリンクバーで温かいものをふんだんに飲み、そろそろ帰ろうかと思って外に出ると、さっきまで降っていた雪もやんでいた。

よかった、寒さの峠も越えたかな・・・と思いながら、従姉妹と別れて自転車を飛ばした。

が、寒さの峠を越えたわけではなかった。
自転車で走る私の顔をチクリチクリと鋭いものが当たってくる。
足も手もしびれるほど冷たく、体全体を凍った羽でピシピシと叩かれているようだった。

ひょっとして・・・と思い、暗闇の中を写真に撮ってみた。

おわかりでしょうか?
私をピシピシ叩く張本人が・・・?
画像をクリックしていただいたら、よくわかると思います。



少し前までは柔らかかった雪が、鋭いパウダースノウに変わっていたのだ。
気温が一段と下がっているのは、とっくに感じて分かっていた。

家に着いて一息ついたときが一番大変だった。

凍りかけた体の表面が室温に温められ、力を抜くと顔が中心に向かってしぼんでいくような感覚になり、腿のあたりは痒くてたまらなくなった。

ふーぅ でも、楽しかった(^^)/

2 件のコメント :

ほった老人 さんのコメント...

カメラが壊れますわよ~
人間と違うので、大切に扱いましょう・・・
人間?仕事というキーワードでごまかされ。。ぷぷっ(笑)

めるちる(管理人) さんのコメント...

カメラが壊れる前に、私が壊れるかと思いましたよ!
ほった老人さんはあの雪の中でよく壊れずにいられますね。
私も見習って逞しくならなくては・・・